• ESTANi

ドミナント戦略だけじゃない!?コンビニが隣合わせで建てられる裏の理由


こんにちは。ESTANiです。

あなたは、コンビニの隣に同じコンビニがあるのを見たことはありますか?

道路挟んで向かい側とか、数メートル圏内にあるのは、よく見かけますよね。

これはマーケティング戦略のひとつで“ドミナント戦略”と言ったりします。

聞いたことある方も結構いると思います。

この戦略は、スケールメリットを活かしてライバルの進出を防いだり、

物流コストを削減したり、単純にその地域での認知度が上がったりするメリットがあります。

逆にデメリットもあります。

カニバリゼーション(顧客の食い合い)が起こったり、地震などの災害が起きたら

それだけ被害が大きくなるなど。

…とまぁ、ここまでが一般論です(笑)

ここからが本題。

「本当に上記のようなメリットだけのために、わざわざ隣に同じコンビニ作るか?」

と思いませんか?そう、いつだって常識は疑うべき。

実は、理由のひとつがコンビニ各社の“本部”と、フランチャイズオーナーの関係性にあると言われています。

例えば、オーナーAさんが経営しているコンビニの隣が空き店舗になった場合。ライバルのコンビニチェーンの出店を危惧した本部が用地を確保し、既に1店を経営しているAさんに、その隣に2店目の出店を打診します。

その提案に、Aさんは中々拒否できないんですよね。パワーバランスもありますし、本部はAさんが断っても、他のオーナーを探しますから。

すると、Aさんにとってはライバル出現。本部への心証も悪くなるかも?と危惧し、断れないことも多いようです。

以上が、近くに同じコンビニがたくさんできる本当の理由(のひとつ)でした。

コンビニのフランチャイズはリスキーかつ色々大変みたいですね。

僕はそもそもコンビニ自体、ほとんど行かないこともあり「そもそもコンビニこんなにいらないだろ」と思いますが(笑)

#コンビニの戦略 #マーケティング #立地戦略

26回の閲覧

© 2018 Ai&T